自宅ボイトレについての情報が満載です!

やってみよう!自宅でボイトレ

自宅ボイトレにおいてマイクは必要?

自宅ボイトレにおいてマイクは必要? 自宅でボイトレをおこなう際は、音量を上げるマイクを用意する必要はありません。
そもそもボイトレとは、機器の力を頼るのではなく自身の地声を響かせて声量と発声を鍛えるレッスンのことを指します。
そのため自宅以外のスタジオや音楽教室等で練習をする際も基本は地声のみです。
家でボイトレをする際は基本練習を見直すことに重きをおきましょう。
基本練習とは腹式呼吸で声を出すこと・五十音をハッキリと発音するという2つになります。
この時、自身の耳だけを頼りにして練習をすると正しい声が出ているのか確認することが難しくなります。
そこで利用したいのがスマートフォンで、自身の声を録音しながらレッスンをしましょう。
この時、ヘッドセットという名称のマイクを使用すればスマートフォンから離れた位置でボイトレをおこなっていてもしっかりと声を録音することができます。
ワイヤレスタイプでケーブルが絡まる必要もなくトレーニングを補助してくれるアイテムです。

自宅でも音を出さずに静かにボイトレをする

自宅でも音を出さずに静かにボイトレをする 賃貸住宅で隣に気を使う場合や、家族と一緒に生活をしていて家族に迷惑をかけたくない場合、自宅でボイトレのトレーニングをしたいと思っても、なかなか声を出すには難しいものです。
しかし、音を出さなくてもボイトレをすることは出来ますので、周囲に迷惑をかけずにトレーニングは出来ます。
まずは、呼吸法のトレーニングですが、複式呼吸を意識したり、教化することは音を出さずに行うことが出来ます。
複式呼吸と肺活量を鍛える上で取り組みすいのはペットボトルを使用したペットボトルトレーニングです。
口にペットボトルを加えて一気に凹ませたり、今度は息を勢いよく吹き込んで膨らませたりを何度も繰り返します。
呼吸法では、ロングブレスも静かに行うことが出来ます。
息を長く長く吐き続けるトレーニングですが、行う際にはお腹を意識して、息を吸い込む際には肩が上がらないように意識をしながら行います。
息を吐くロングブレスの他に、息を止めることで横隔膜を鍛えるトレーニング方法も静かに行えます。

新着情報

◎2020/11/13

自宅ボイトレの練習
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

録音して確認しながら行う
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「ボイトレ 音」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2020 やってみよう!自宅でボイトレ. All Rights Reserved.